空港バスで空港へ

フランクフルトを出るとき雨がぽつぽつしてましたが、パリでは普通に傘が必要なほど降っていた。

こういうときに限って飛行機はエアバスなので(空港に直寄せではないので)、小走りでバスに乗り込みました。フランクフルト〜パリなので、みんながっつり旅行者って感じでもない。1時間20分で着いちゃいう距離だからね。

CDG空港

1時間20分くらいのフライトはやや天候が悪く、多少揺れがありましたが、定刻よりもちょっと早く到着。

エアバスだけど、飲み物とスナックは一応出るんですね。

バゲッジを拾いに行くのですが、すっからかんな空港、というか空港が広いんだね。乗客も半分程度だったので、そんなものかしらね。

このバゲッジまで、審査らしいものはなかったので到着ロビーに出るまで、飛行機のタラップを降りてから20分しないくらいだった。「あれ?こんなもの?」と思ったところで、フランクフルトのチェックがEUの入口だった事を知った。とにかく、思ったよりも時間がかからないことほど、ありがたいものはないです。

Arrived掲示板

こういう掲示板って、空港によってフォント使いや色がそれぞれで面白い。

これは到着ロビーにあった掲示板。到着予定は20:25だったので18分も早かったことになる。

ロビーに出ました

2のFに到着。2階ではない、ここは地上階。

パリの雰囲気を出すためか、すごく不自然な位置に広告塔がある。

RELAY

これ、コンビニみたいな位置づけですかね?主要な駅のほとんどに、この真っ赤なお店がある。

たまに東京を歩いていても、この袋を持った人を見かけるくらいだし。ビジュアル的にはアメリカンな感じがしちゃうんだよね、ロゴとか。

バスを探しに

空港からの電車が、実は先々週の土日とこの土日の、計4日間は工事のため不通という、なんてラッキーなときに降り立ったシャルル・ド・ゴール空港。前回は電車だったので、今回初めてバスに乗る。

初めてのときは、やはり昼間だったり、晴れていたりなどの条件が望ましいのだけど、今日はそのどちらもダメな日だった。

インフォメーションで聞き、行った先には具体的な看板がなく、一度通り過ぎたようだった。引き返し、手当り次第に(優しそうな人に)聞いてみるとバス専門の人ではないので、「あの辺だと思うけど、そこ行きのバスは運転手に聞いた方がいいね」と。

土砂降りで、スーツケース引きずっているので、傘さしているけど、手元がぐちゃぐちゃ。私が行きたい方面のバスがまだ見当たらない。外で待つの寒いよう。でも見ていないと聞けないし、というジレンマと戦うことになるのでした。

※この場所からバス停は、突き当たりの右手ロビーを出たところ。ターミナル2Eまでは行きません。

バス停

いくつかあるバス停の、Gare de Lyonを経由するバス停をようやく発見。

この写真を見てもわかるように、屋根の下でも雨粒がいっぱいになるくらい、ガシャ降りの雨&寒さ。待っているのが辛かった。体調もイマイチだったからね。15分くらいがんばって待っていたらバス到着。すごくホッとしたのを憶えている。

ちなみに値段は、大人は17ユーロです。

途中の駅

パリ、シャルルドゴールのTGVの駅ホームです。ドゴール2とあるので、ターミナル2の下がTGV駅になっていると思われます。

RERに乗って空港へ

DSC07697

空港行きのホームは別の行き先も到着しますが、
こうして掲示板が出るので、これを見れば安心です。

混んでいたら、出入り口の椅子は使わないでという貼紙。
ちょっと腑に落ちないのが、立っている人の傾き。
なんだろう?揺れている?
普通に立っている人がいっぱいなら、いいような…。

そんな、どうでもいい疑問を解決できないまま空港に到着。

北駅〜空港はおよそ40分くらいで着きます。
白い感じのホームだったんですね。

空港の改札をでました。
ちなみに空港側からみるとこんな感じです。

CDG空港出国

DSC07708

空港のポスターがなんかかわいい。
また黒人のモデルさんが、黒いAラインのワンピで、
エッフェル塔を思わせる白いラインが、
パリって分かりやすくっていい。
分かりやすさ、パリの広告は熟知している。

出国手続きのフロアまで来てフライトの掲示板をチェック。
お土産等をスーツケースに詰め込むと、
多分日本の方だと思うけど、CAの人たちが颯爽と通り過ぎた。

荷物を詰めたのでチェックイン手続き。
パスポートとチケット購入時の番号入力で
こんなふうにできるのはホント便利だね。
ただ、「旅券」というよりかはなんかレシートみたいで頼りないけど、
その分安いから良しとしましょうか。

まわりを見渡すと、LADURÉEがある!便利ですなぁ。
前回20個くらい入る丸いボックスに入れて帰ったけど、
スーツケースの衝撃にやられてしまい、半分近くボロボロになっちゃったから、
これはちゃんと機内持ち込みにしないとだめですね。