トンネル

ここは、先に道があったのか、それとも後から道を通したのか?窓とか開口部がレンガの壁の中にあるけど、構造上後で開口って作れるのかな?

…と、またいらんこといっぱい考えたよ!

 

まぶしい

さらに進むと運河に突き当たりました。

今日の日差しはとても光が強いらしく、まぶしく、また、水面に映る家並みが、なんとはっきりと濃く出ていることでしょうか。

水門と壁画

運河の突き当たりにはこういったものが。

水門要塞(Rabot)というらしい。要塞…?って感じだけど、とにかく造りはやたらと立派だ。

その右側奥に見える大通り(Begijnhoflaan)の向こう側のマンションの横の絵、あれはストリートビューではなかったのでここ最近描かれたんだろうな。

拡大するとこんな感じ。おもしろい。

水門には

ヘリにいっぱいハトが休んでおりました。きっと邪魔されないいい場所なんでしょう。もう片方の屋根にも満員御礼でした。

秋めいた風景をジョグ

水門の前の小径では、こんなジョギング風景も。こんな並木道があるから楽しいよね。

小さな橋

水門から運河沿いにUターンです。

小さすぎるのか、googlemapには載っていない。しかし、橋のたもとにはなにやら立派な支柱がそれぞれ両脇にある。か弱い橋の割りには、立派過ぎる感じが…。個人の橋…いや、この支柱は…。そう思って渡りきったところに…(続く)

カール5世にまつわる橋なのかな

こんなものがありました。この双頭の鷲は神聖ローマ帝国とハプスブルク家の紋章とされているけど、最も近い形はこれかもしれない。双頭の鷲加え、王冠、支柱とその帯に示された文字が合致する。

よくわかんないのですが、「brug der keizerlyke geneugten」と書いてありました。1995年9月1日と。それまで橋はなかったのかな?

キラキラまぶしい

小さな橋からさらに街方面へ歩きます。

運河沿いの手摺にはプランターがあり、きれいに花を咲かせています。ゲントは観光に力を入れているなぁ!と感心させられます。お花大事!(笑)

橋のたもと

運河沿いに来て、次なる橋のたもとに来ると、パン屋さんと、見上げるおば樣方。

パン屋を…!?いいえ。

パン屋さん前の建物で、クレーン車が稼働しているからです。

橋のたもとのパン

パン屋を覗いてみると、うわ!デニッシュパンがうっまそー!