FOURVIÈRE

DSC05752

 

駅を降り、階段を上ってくるといきなりこの景色です。でっかーい!

ゴシック教会を見慣れているのでちょっと新鮮です。

サイトはこちら
サイト画像は夜景で、駅とは反対側の、街中(丘の下)から撮影されたものと思われます。きれいすぎ!

上の装飾部を拡大してみました。
お花とか葉っぱなどのモチーフがおおいですね。
人や動物などけっこうスッキリ、きりりとしています。

教会を外側から

入口を階段下から。

真ん中の黒いところが入口です。

この百合はなかなか写実的なほうかもしれない。
本当にお花がいっぱいだなぁ!かわいい。

立派な通路

大聖堂の横に、小さめの礼拝堂(なのかしら?)がある。その2つをつなぐ通路にこれがある。

階段を上った先が先ほどの大聖堂で、後ろに礼拝堂がある。

礼拝堂からだと思うのだけど、12時の鐘の音がなかなかの不協和音な音で、なんだか胸騒ぎがしたんだけど、大丈夫なんでしょうか?合っている?鐘のチューニングってあるのかしら?…そんな音でした(^^;

天井はこんな感じ。
デザインされた模様がインパクトあります。なんか立派!です。

黄金色!

教会の中に展示されていた衣装。見事なまでの黄金色です。どんなときに着るのかな?…ま、大事な時だとは思うけど(笑)

ホテル内

さすが、元修道院だけあって、教会を持っています。しかもこんな立派な!

これで席があれば、普通の街の教会と変わらないくらいだと思います。

Sint-Jacobskerk

Sint-Jacobs教会です。
今回も入りたかったのですが、ミサの時しか開いていないのか、
門は閉ざされているようでした。
もしかしたら入れたかもしれないけど。。。未確認。。。

中は昨年のこちらを参考に→「教会の様子

古い教会

とても古い外観で、使われているのかな?と思ったんですが、右下を見るとgalarieの文字が。

ギャラリーとして使われているようです。

Saint Charles Borromeo’s Church

DSC06697

Qさんのお店をあとにして、すぐそばの教会へ。
前回行けなかったので入ってみました。

わお!
中は明るいし、外観同様立派な造り!
この写真はちょうど真ん中あたりで撮っていて、
後方にも同じくらいの椅子の数があるので、中規模な教会でしょうか?
10名ほどの団体の方が説明を受けられていたので、
きっと歴史ある教会だと思います。

HPはこちら

壁にはこんな立派な額縁とともにいくつも絵が。

創建されたあとに火事に遭ったらしく、オリジナルはないそうですが、
Peter Paul Rubensの天井画(壁画??)はスケッチが残っていたらしく、
それで復元されたようです。

リンク先HPの画像ギャラリーの4枚目の上がこれ↑ですね。

本当にいたるところに装飾が豊かな教会でした。

 

見上げると

DSC06728

聖母教会の塔は本当にアントワープ1高い建物なので、
道に迷った時、ちょっと大きめの通りに出てこの塔を探すといい。

さきほどのハトをを見た後に振り返ったらこれ。
よし、教会に行こう!

聖母教会

DSC06730

もう4回目です。
でもやっぱり来たくなります。
詳しいことは後ほど。

ちなみにここは広場があるので、その広場に面してお店がずらーっと並んでいます。

ちなみに正面入口を見ながらテラスというのも
(ちょっと斜めですが)こんな風に実現できます。
このお店が美味しいかは分かんないですけど、
景色はすごいです。