Musée d’Ixelles

DSC06868

実は今回の旅行の目的の1つが、このイクセル美術館。

春に丸の内の三菱一号館美術館で開催された「KATAGAMI Style」(リンクのリンクは切れています)。
日本の庶民の文化であった型紙がヨーロッパに多く持ち出され、
そこからアールヌーボー等の芸術活動へ大きな流れの元となった。
今をときめく(?)イギリスのリバティ社の布にも
多くの型紙の文様が模写されていました。

この展覧会はフランス、イギリス、ドイツ等国別に
型紙の影響を感じられる作品を展示していたのですが、
ベルギーからの絵はこの美術館のものばかりで。
「こんないい作品収蔵しているのに初めて聞いた!」と
メモを取って帰ってきたのです。

旅行の日程を決めた後にこの美術館を見つけたら、
ここ、けっこう大きな休館期間を撮ることが多いらしく、
行った方のブログを見ると「開いてなかった…。」と言うこともあって、
どうにかMusée d’IxellesのHPにたどり着いてチェックしたところ、
をおおおお!
旅行日程の後半から開館になるらしく、
それまで決めていた旅行工程を変えるハメになりました。

実は昨日ここに来たのですが、
高校生くらいの子たちの課外授業でしょうか?
20人以上入口にいたので、今一緒に入るとめんどくさいなと思って、
今日にしたのです。

DSC06867

ここは撮影禁止なので作品のご紹介ができませんが、
アールヌーボー時代のロートレックや、ミュシャに代表されるような
ポスターが有名無名問わずいっぱいあります。
あんなにまとめて見たの初めてだったな。

それ以外の作品も
なかなか個性ある作品が多くて公立の美術館にしては
なかなかいいなかも!って思いました。
中規模の美術館は初めてでしたが、ここは行って良かったです!

ここに行く際はHPで休館日をチェックしてから行くのがマストです。
平気で2ヶ月くらい休館しますので。

コメントはまだありません »

コメントを残す

Hello world!

hetretrocafeサイト へようこそ。これは最初の投稿です。編集または削除してコンテンツの作成を始めてください。

上野から電車で空港へ

京成上野駅より成田に向かうことになりました。

スカイライナー(2400円)でももちろんいいのですが、
今回の出発は昼の12:15ということなので、
ちょこっと早起きすれば乗車券のみの1000円で行けることを調べて知ったので、
この乗車券のみで。
(寝坊することもあって保険のためのつもりもありましたが、
ワクワクしちゃって、ちゃんと早起きできました(^^)

番号が「4545」。ヨコヨコ。これがなにを暗示…するわけない(笑)

列車に乗ります。
京成上野駅だけど、「うえの」なんだね。

JR上野と、この京成上野駅は連絡していない…と思っていたんだけど、繋がっている?
googlemapでみるとメトロの連絡路で繋がっているような?

成田空港 展望デッキ

チェックインも済ませ、搭乗時間まで50分ほどあります。

空港探索ということで展望台に。
今日は幸いいい天気で、大きい荷物を持って動いていると、
ちょっと汗かくくらい。現地の気温を考えて、
薄手のコートを用意しているけど、現在の日本では不釣り合いなアイテム。
日なたは暑いくらいです。でも雨出発よりは気分が良い。

天気がいいこともあって、ぼちぼち人がおりました。

お客さんだけでなく、空港関係で働く方も息抜きでしょうか、
おしゃべりしている姿が見え、
ゆったりとした秋の日をみんな楽しんでいるようでした。

小さい男の子はやっぱり興奮して見ていましたが、
私も「わぁ〜飛んだ〜!」などと同じような気持ちで見ていました。

国際線出発ロビー

何度か来ている成田空港ですが、今回気づいた景色。

成田空港って特に建物的に特徴のないものと思って、隅々まで見たりしたこともなかったのですが、ちゃんと日本ぽい部分を表現した壁があった。今回気づいたくらいだから、本当にごく一角にある感じ。

こんな一部じゃなくて、もうちょっと天井までとかまであるとか、全体のイメージとなるような使い方出来たらいいのにね。ま、この特定の絵ではなく、最後に出てくるCDG空港の全体的に木を使った感じの統一感って、シンプルさや、人種に関係なく普遍的な好感がもてる要素って、こういう公共施設にとって大事だと思うんだけどなぁ

…と「おしいなぁ」感を思ってしまう私。

Departures

を、もう一度チェック。

そうそう、12:15フランクフルト行き。2つ上になによ〜!直行便でパリ行きがある。本当はこれに乗れたら良かったんだけどね。

私は今回のチケットを7月の頭に買った。それ以前からチェックしていたのだけど、このパリ行き11:55は検索で出てこなかったので、もともと格安航空券で売られていなかったのか、もしくは発売直後に完売したのか。

パリ直行便は前回利用した、金曜日成田21:55発がある。これは前回すごくしんどい思いをした。だってこの便は朝5時前に着くからね。疲れて到着したら、通常の丸一日以上の時間を過ごさないと、現地時間に合わせられない。そういう意味もあって、今回は午後以降に着く便希望だった。フランクフルト経由でパリに20:25着。やや遅いけどすぐに寝れるのは現地にあわせやすい。

出国審査へ

この掲示板の下が出国審査の入口になります。

ここ日本で買うものも特にないので、中に入ってコーヒー飲みながらのんびり待とうかなって魂胆です。

あ、ちなみに今回JALなのは、土曜日発、土曜日着、乗換えは一回以下の便を探して(SkyScanner)いたら、JALが一番安かったからです。やっぱり日本発でパリ行きはJALが一番多いのかもね。(AirFranceと共同運行しているので)

waiting

64番搭乗口を待つ人々の様子です。

フランクフルト行きだからでしょうか、落ち着いた雰囲気があります。

私はタリーズで調達したコーヒーを片手に、飛行機が見える位置を陣取る。
というか、この場所でないとコーヒーを置く場所がない。

あの飛行機に乗るんだなぁと思うとワクワクしてくる。
タリーズのカフェラテも景気良くグランデを頼んだ。
前回は、向こうにいた滞在日数5日だったから、
あっという間だったけど、今回は8日。
行ったことないリヨンも行くし。

妄想が始まると身震いをおぼえる。
ニヤニヤしすぎてずっと外を眺めていた。

JALの仕事姿

ちょうど作業風景が見えた。

飛行機1つ飛ばすのに、どれだけの人が関わっているのだろうか?と、この人を見ながらちょっと思った。機体整備、荷物/貨物、提供サービス仕込、客室乗務員、パイロット…気づいたのはこの程度だけど、あ、管制官とかもあるね。1機に対し関わる時間がそれぞれの持ち場で差はあるだろうけど、その人たちのお給料を、このでっかい物体の燃料を考えたら、なんか格安航空券の値段で元取れてんのかな?と考えた。

それはさておき。
専門の仕事を見るのはとても楽しい。

天気がいいと気分が良い

搭乗開始時刻の11:30になったので、いよいよ乗り込みます。

いいお天気でよかった。(もう始まって入るけど)いよいよ旅が!という気分です。あとは無事に到着できますように。

飛行機の窓から

多分日本海上空です。
やっぱりこういう景色見ると、わ〜地球の上にいるんだなぁと確認できる気がします。
水と雲と空と。白と青。そしてまぶしい太陽の光。

窓際の席でよかった。

これはハバロフスク近くを通過中です。

川と湖?沼? 湿地帯でしょうか?
川の描くカーブがものすごい蛇行しているので、
きっと高低差がほとんどないんでしょうね。
なんだかもう、アートの領域を感じます。

すんばらしきかな!自然の大地よ!