FRITUUR

DSC06710

フリッツ屋さんです。
フリット単独のお店があるのはベルギーならではですね。
実際にはフリット(フライドポテト)以外にも
揚げ物(コロッケとか)があります。でもそのくらいかな?
揚げ物屋と言った方が伝わりやすいかもしれませんね。

ちなみにこのお店では食べていないので、
美味しいかはわかりません。あしからず。

ふと見上げたら…

DSC06712

市庁舎広場方面に向かう道すがら、ふと見上げたらこんな絵が。
窓をふさいで広告にしたんですね。

レトロ風な感じでステキです。
よく見たらレストランと書いてあったので、
下はレストランなのかな?確認しませんでした〜。

カラフル板チョコたち

DSC06713

ショコラティエのウインドウに飾られた板チョコたち。

いろんなフレーバーで色分けされているようです。
パステルカラーでかわいい(^^)

ヌガーの塊

DSC06715

パリから日本に帰る時は空港でヌガーをよく買うのですが、
それはキャンディのように1口の大きさでつつまれているもの。

これは塊になっています。

今こうして写真を見ていると
「ああ!買っておけばよかった」という写真が多くて驚くんだけど、
これもその1つです。

パリで買ったんだけど、すぐになくなっちゃったから(笑)

ネコ呆然…

DSC06716

本でこういうエピソードは読んだことあった。

「アントワープの店先のウインドウに、ネコがちゃっかりお昼寝していることがある」

まさにその状態でした。
まるでネコが商品のようにウインドウにいるのです(ここは薬局のようでした)。
笑えます。
しかも堂々と、気持ち良さそうに寝ている。
いつものことなんでしょう。
お店の人は見える位置にいましたが、放っておいているようでした。
このとき、このネコさんは夢を見ていたんでしょう。
体がピクピクしていました。
この半開きの目がまさに眠りが浅い感じなのかも知れません。

すると、ビクッ!とすごい勢いで目覚めました!

その瞬間の顔です。
もう「なんなんだ!?」といわんばかりの驚きようです。
目の焦点が合っていません(笑)

そしておもむろにムクッと起き上がり、

未だに把握しきれない、呆然とした状態。
相当に緊迫した夢だったのでしょう(笑)信じられない…といった顔です。
こんなに呆然とするネコも初めて見ました(笑)

私がカメラを向けていたこともあり、
観光客が数人よってきて、ショーウインドウにネコだ!と面白そうに見てたのですが、
その一部始終を見られていることも、おかまいなしなほどの呆然ぶりでした。

セグウェイたち

DSC06720

それは突然現れました。

背後から静かにやって来た、派手な団体様は、
タイヤと石畳の接地のコトコトという音だけしながら去って行きました。

あっという間の出来ごとでした。

何の巡回だったのでしょうか?

市庁舎

DSC06722

アントワープの市庁舎です。
右下に先ほどのセグウェイ隊が待機中。

私、フランダースの犬の話を詳しくは知らないんですが、
ここも出てくるんですよね。
(何度も来ているのに、未だに聖母教会の場面しか知らない…(笑)

ちなみに拡大して撮ってみました。

ふむふむ。
左下に、噴水のブラボーくんの足だけが…。

ハト

DSC06727

ハトさん。
日本だとブルーグレーの子たちが多い。

この模様は珍しいね、って思ってパチリ。

見上げると

DSC06728

聖母教会の塔は本当にアントワープ1高い建物なので、
道に迷った時、ちょっと大きめの通りに出てこの塔を探すといい。

さきほどのハトをを見た後に振り返ったらこれ。
よし、教会に行こう!

聖母教会

DSC06730

もう4回目です。
でもやっぱり来たくなります。
詳しいことは後ほど。

ちなみにここは広場があるので、その広場に面してお店がずらーっと並んでいます。

ちなみに正面入口を見ながらテラスというのも
(ちょっと斜めですが)こんな風に実現できます。
このお店が美味しいかは分かんないですけど、
景色はすごいです。