街角マリア様

これはまた、建物に道徳的に備えられたマリア様。詳しくは分からないんですが、このスタイルって東方教会系でしょうか?すみませんあやふやです。

レンガの街並と花

時々こうして花を窓際に生けているお家を見かける。レンガのお家にはこういう可愛らしい、きれいな花がよく似合うと思う。

でもそれにしてもここのうちは蔦でしょうか?部分的にまとまっているということは、きちんと広がりすぎないようにマメに手入れしているのかな?

ルクセンブルク通り

ヨーロッパは通りの名前がたーくさんある。道はまっすぐ続いているようだけど、大きな通りを挟んだり、三叉路になったその場所から名前が変わることもよくあるので、本当に多い。

日本でいうとさしずめ、京都の町名くらいな感じかな。京都市の区内の町名は半端ない数がある。碁盤の目で通りは区切られているが、町の区切りは細かすぎる。京都に住んでいる人でさえ、多分町名を言われても、どこか分からない人がほとんどのはず。ヨーロッパの通り名はそれに近いのかも。

だからこういう、他の国の名前とか人の名前、昔この通りには何屋が多かったからとか、けっこう気軽にある。だからきっと同じ名前の通りが隣の市でもあったりするんだろうね。

カルフール

これは昨日買い物をしたカルフールではありません。ちなみに24h営業ではないので、多分10時からなのか、まだ閉まっていました。

右の通り奥から私はこの大通りに出ましたが、この小径はRamen通りと言います。ラーメンではなく、ラメン。

工事看板

工事中の看板です。請負会社の宣伝をしながらも、白抜き文字をググ翻訳してみると「ヤードに出入することを禁止」と出ました。

注意を促す以上に、会社名が大きくていいんだ…。

今宵は舞踏会

わお。

このお店はいったい何屋?この服売ってるのかな?貸すのかな?

超クラシカルスタイルなこの服、どこに着ていくんだろう…。もちろん男性もございます。

色いろ雑貨屋さん

去年来た時もこの通りを通っているけど、あったかなこんな店?第2弾。

カラフルー!な雑貨が多いのはフランドル地方の特色なのか、最近の傾向なのか?ゲントはその比率が高い方かもしれない。

左のはエリザベス女王人形?今や人形になるのは、若い人ばかりではないのですね!

Drink Marker

 

なるほどね。おひげですか。立派な感じがしていいかも。

同じ店にて

このお店はひげがお好きなのかしら。

…え?もしかして流行ってる??

すれ違う人ウォッチング

そのエクステいいね。あ、よく見ると、毛糸のフェルトを髪の上に巻いてるみたい?

お姉さんの目線が…(笑)