soupstock

soupstock

 

このスープストックは、お茶の水駅聖橋口改札の目の前にあるお店。

私はカフェに入るとある程度長居するつもりで入ることが多い。何か小さな用をしようとするからだ。純粋にコーヒーだけを飲むというよりかは、「コーヒーをのみながら」というつもりで入る。多分こういう人はかなり多いと思う。

このスープストックも、このときはそのつもりで入った。

しかしよく見ているとカフェとは違う。この場所だけなのか?いや、そうでもないかも、と思ったのが、以外と30前後くらいの女性が一人で(この時間は)夕食代わりに(もしくは仕事直後の小腹のために?)食べたらささっと店を出るのだ。全員ではないが半分くらいそんな感じだった。男性の「それ」ほど短くはないけど、さながら立ち食いそば的な要素を感じた。案外店内の回転が早いので気づいた。

私は夕飯のつもりと、スケジュールを考えることもあって、スープ2つで十分暖まって、ぐるぐるといろいろ(ぜんぜんたいしたことじゃないのだけど)考えて、1時間近くいたけど、その間に私の隣の人は2回変わっていた。

それにしても。オマール海老のビスクは毎回といっていいほど頼んでしまうくらい大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です