第3回 東京蚤の市

DSC09056

↑ co-fu 奥田早織 (蚤の市紹介ページ)

昨日ラジオで聞いてすごく行きたくなって今日行ってきました。

告知ページをのぞいてみたら、知人が出店していた。。。
これはますます行かなきゃと思った次第で。

DSC09086

今日はお天気にも恵まれ…というか、この時期になると、晴れはもう暑い状態でして。

DSC09034

↑ CO- (蚤の市紹介ページ)

日陰のお店はゆっくり見れるけど、
そうでないところはへたすると店主まで日陰に行ってしまったのか、
不在がちでした。

DSC09050

熱燗用のとっくりはなんだか形がとても古風でいい。
自然とその持ち振る舞いそのものがレトロに感じます。

↑ CAFE 六丁目 (蚤の市紹介ページ)

DSC09046

昔の簡易的なガイドマップでしょうか。旅に出たくなるなぁ。こんどはどこに行ってみようか。。。

この辺はお店の区切りがイマイチで、ごめんなさい憶えてないです。

DSC09035

お家の金物パーツ屋さん。いろいろあって心くすぐられます。

DSC09037
今のお家が賃貸でなければ、このネームプレート買いたかったなぁ。
これ以外にも何種類かあってね。お家をいろいろとバージョンアップしたくなるものがありました。
大阪のお店みたいです。

↑ 古道具 つむぎ商會

DSC09059

帽子や日傘が無いと、日差しの下の行列は辛かったです。
でもお昼は早めにと並んだせいか、10分前後で買えたかな。
私の後はさらに列が長くなっていました。
写真はひよこ豆のポタージュとパンのセット。ポタージュ本当に美味しかった〜!(^^)
おみやげパンと、差し入れビスコッティも同時に購入。

↑ 朝日屋ベーカリー (蚤の市紹介ページ)

そのビスコッティは、東京活版展のズアン課さんへお届け。
名刺やショップカードが入る箱を売っていたのですが、この番号の部分が活版でして。

DSC09095

この大きさの文字が日本ではないので、イギリスから取り寄せたとか!
本業は別にある方なのに、すごいな〜このバイタリティ!

DSC09090

「今度ドイツビールのみに行きましょう、よく行ってらっしゃる、横浜の…」ということで、名前を告げると
なぜか売り場の台に名前書いちゃってるよ(笑)しかもこちら向きに。
オーガニックソープとブーシェルは関係ないことを
説明しなきゃならなくなっちゃうけど、大丈夫かなと思いつつ、ここを後にしました。

DSC09066

このお店のものはセンスが良かった。
もしかしたら、統一感があって、いわゆる「がらくた」になりがちなものをそう見せない、
きれいなレイアウトやチョイスがここはあったのかもしれない。

DSC09067

う〜ん、女子心をくすぐります〜。

↑ ATLAS (蚤の市紹介ページ)

DSC09080

このネコ、ちょっと優しいお顔立ち。

DSC09076

さびた鍵。錠はないのかな?
いろんな道具がありました。トランペットとか(笑)

↑ drank (蚤の市紹介ページ)

DSC09083

本当にとても賑わっておりました。一人も、カップルも、家族も、たーくさんでした。
この写真はギターのライブ中です。

DSC09093

私は御茶ノ水まで帰ってきました。
この景色さいこぉぉ(^^)このパースペクティブ&目の前の新緑。

あ〜暑かったなぁ!こんな日はビールですかね。

第3回 東京蚤の市” への2件のフィードバック

  1. レポート拝見しました!ブーシェルの写真いいです!!
    もちろん、箱の写真も!かっこいい!
    それに、わたしがまったくみれなかった、蚤の市の様子が素敵に伝わってきましたー
    ほんとに今度ゆっくりと飲みにいきましょうねー

    1. きゃぁ…気づくの遅すぎで、申し訳ないです。。。
      蚤の市ステキだったのに、あの場所に居ながら、行けないのは本当に残念ですよ。
      いろんなお店があって、ほんとうに楽しめました。
      飲みに行きまっしょ〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です