立派な通路

大聖堂の横に、小さめの礼拝堂(なのかしら?)がある。その2つをつなぐ通路にこれがある。

階段を上った先が先ほどの大聖堂で、後ろに礼拝堂がある。

礼拝堂からだと思うのだけど、12時の鐘の音がなかなかの不協和音な音で、なんだか胸騒ぎがしたんだけど、大丈夫なんでしょうか?合っている?鐘のチューニングってあるのかしら?…そんな音でした(^^;

天井はこんな感じ。
デザインされた模様がインパクトあります。なんか立派!です。

床のモザイク

階段を上ったところの床がこんなステキなモザイクでした。

しーっ…

しーってやっているんでしょうか?にしてはちょっと位置が低いかな?

考えてる?なんとも微妙なしぐさです。

ロウソクを灯す

ロウソクを灯すという行為がなんだかとても小さくはあるけど、世界に向けた祈りのような博愛を感じる。

ロウソクの横には

ロウソク1本買うのにだいたい0.5ユーロとか、高いところでも2ユーロとかで、とにかく小銭が必要になる。交通機関の切符を買うのも小銭が必要。そのくせ両替機がないと言う現実。

ここにはめずらしく両替機がありました。日本人には普通のことなんだけど、向こうの人には珍しいらしく、両替するたびに「わお!」ってみんな驚いていました。私は小銭があったけど、後々を考えてここで両替しておきました。

礼拝堂(と思われる)

礼拝堂のステンドグラスです。なんの場面でしょうか?戴冠式?わかりませんが、きれいなステンドグラスです。

地下鉄とFourvière行き

大聖堂から降りてきました。写真は地下鉄とFourvière行きの登山列車の乗換え口です。

左のエスカーが地下鉄、右側の階段を上れば登山列車の駅で、隣り合っているから迷いません。登山列車は2方向あるのでちゃんと「Fourvière」を確認してください。

Vieux Lyon駅前の路地

ゆるやかなカーブと、その先に教会でしょうか?高い塔のテッペンがみえていい雰囲気。

ちょいと路地散策

緩やかな坂。今日は日曜日なので結構静かな街並ですが、観光客はチラホラおります。

ちなみに正面の赤いひさしのあるお店は、クネルのおいしい店として知られているんだけど、さっきサンドウィッチを食べたばかりで見送ることになりました。

窓際のおねえさん

路地を撮るフリして、遠くから望遠でお姉さんが見えるくらいにしてぱしゃり。

なんだかいい感じ。お姉さんかっこよく、ゆっくりとタバコをのんでました。