落ち葉な景色

同じくFOURVIÈRE横の広場です。

落ち葉の様子を撮りたくて、パネルを覗き込んだら、向こうのお店とお姉さまたちと、なんとなくいい雰囲気になりました。お店は多分お土産屋さんだったと思います。

広場にあったサイン

職業柄こういうの気になってしまって。

なるほどね、地図を全面に使った上に文字を置くのね。ふむふむ。

ブランチ

結局、パリのリヨン駅で買ったサンドウィッチは列車の中で食べず(車内で食べて良かったのかな?みたいな微妙な感じだったので)、ここで食べることにしました。いい景色だし。

サンドウィッチを買うときのほとんどがpouletプレ(鶏肉)だけど、ここのもおいしかった〜(^^)

かわいい赤い実

これ、ホヤの形みたいで、きれいな赤でかわいいな〜と撮ってはみたけど、何の木?もみの木っぽいけど、こんな実つけたっけ?って思って調べました。

イチイ(wikipedia)

なるほど、イチイの名前は聞いたことあったけど、姿はもみの木っぽいんだね。

大聖堂入口上

 

文字の下の地紋扱いの文様はFleur de lis(百合の花)ですね。百合の花からも分かるようにこの大聖堂はマリア信仰です(ノートルダムNotre Dame=私たちの貴婦人、と言う意味からも)。

ちなみにSALVE REGINAはわかりません(笑)

入口上

こんな感じの入口です。さすがマリア様、とにかくお花がいっぱいです。

ミサ中

思いっきり最中でした。もう何度もこういうことあるので、慣れたものです。

教会によってなのか、ミサ中は完全にしめてしまうところもある中、ここは出入り自由みたいです(もちろん極力静かにしなければならないし、撮影も控えなきゃいけない)。

しかも、思いっきり改修中で足場で覆い尽くされ、なんだかパッと見ここがどこだか分からない感じですね。天井がみれないのはとても残念。

静かに撮影

ミサ中なので、シャッター音のしないカメラでこっそりな感じで撮影。

わかりにくいですが、細かいモザイクで絵は構成されています。中央にいるのはもちろんマリア様。

入口から見た風景

ミサ中でもあるし、足場がすごいのでじっくり見学できないから、そっとその場を後にして出ました。

ちなみに駅は、左奥のオレンジの建物の右下あたりになります。

教会を外側から

入口を階段下から。

真ん中の黒いところが入口です。

この百合はなかなか写実的なほうかもしれない。
本当にお花がいっぱいだなぁ!かわいい。