Lyon Part Dieu駅前広場

駅を背にして広場に出てバスターミナル方面を見ています。

この駅周辺はいわゆる新しい地域で、駅前ならではの大きなビルやショッピングゾーンがあります。なので、風情みたいなものはないので、観光するには交通機関での移動が必要になります。

ちなみに振り向くとこんな感じ。

ちょっと不思議なんだけど、写真の右側にあたる駅の正面には建物があり、その建物を挟んで向こうに大きな通りがある。なんでだろう、大通りからこの正面の顔が見えないつくりなんです。

はて?
広場としての土地が無駄に広くて、ビル建てちゃったのかな?なんて思ってしまった。

前へ

日本で言うなら「階段付近は大変込み合いますので、ホーム中程までお進みください」的な内容です。

ここは乗換駅でもあるので、乗換え通路に近いホームは混むので、「快適さを求めるなら車両前方にご乗車ください。メルシ」っていうことです。

駅構内案内看板

ピクトやサインが大好きな私は、ついつい撮ってしまいます。

列車が「25分遅れでEホーム」と表示が出たので階段を上ったところです。

リヨン駅は中央通路の真ん中から階段を上る(で、途中踊り場があり、左右に分かれる)という、ちょっと変わったアクセスです。(普通は中央通路の左右2カ所、どちらかにダイレクトに階段を上るので)

さらに駅構内

私が先ほど列車案内の看板を見ていたのと同じように、案内看板の前ではこんな感じで、自分の列車が表示されるまで待ちます。日本なら「どこ行きの、何線」であればホームは固定されるので、こうやって探したり、待ったりすることはないんですよね。
ヨーロッパはいろんな国の列車が乗り入れるので、臨機応変がきくようにこうなったんでしょうかね。