映画をみる

good herbs

 

先週見てきた。年に1度くらいしか見ない私。この日はお休みで、女性1000円デーだったので行ってきた。

今、日本でこれを公開しているのは、新宿の1館のみ。シネマート新宿screen2にて上映中。

絵がきれいだった、音楽がステキだった。でも内容はやや重い。→日本語公式サイト

実は私にはストーリーが少し分かりにくかった。でも言わんとしていることはわかった。もう一度みてみたらちゃんと理解できるかな。全く何も知らないでみるよりは、ほんの少し予備知識として、予告とか説明とか見た方がいいのかなとも思います。映画を見た方の説明があったのでリンクしておきます。ネタばれ的なものはないので見ても大丈夫です。
映画「グッド・ハーブ(Las buenas hierbas)」 

真ん中にいる娘(ダリア)役の彼女きれいというか、かっこいいというか、好きな顔かも。お母さん役の人はベテランの方みたいです。この方もきれい。

でも私が最も好きな役はブランキータという、お母さんのお友だち(?お手伝い?)です。好きだなぁこういうひと。

あと劇中の音楽がこれまたステキ!なんと本家スペイン語のサイトでこの劇中音楽がmp3でダウンロードできます。
スペイン語のサイト
上の「+Mas」のプルダウンの中に「Musica」とあります。別名でリンク先の保存でダウンロードしました。

メキシコやラテンアメリカの文化が気になっている人は見るべきかもしれません。私はこれを見てちょっと好きになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です