シリーズ 京都 8 御所一般公開

御所 01

 

京都御所の一般公開があったので行ってみました。

あいにくの小雨にも関わらず、多くの人がいました。

私のような、一般市民からすれば本当に広い広い敷地と、建物ですごいなぁと思うものの、いろいろなもの全てが超が付く一級品ばかりで、なんだか落ち着かない。

美しいものがある家は確かに素晴らしいとは思うのだけど、心が安らぐことはあるのかしら?とちょっと心配になってしまった。

御所 02

 

これも家の一部…。いざ、ここに住んでみるとなると、本当に住めるのかな、私。

まるで平安神宮が家にあると錯覚するような、立派な朱色の門。

やはり風水とか考えられているのでしょうか?

御所 03

 

御所内はいろいろな建物や、お部屋の中の襖の素晴らしい絵があったのだけど、正直そんなに写真を撮れずにいた。

そんな中、この立派な南天。ちょうど唯一紅葉していたのがこの南天だったこともあり、日本家屋に映える恰好となりました。実は正直に言うと、この南天が一番テンション上がったかなというくらい、御所の中は獲物が大きすぎたり、逸品すぎたりして、「撮りづらい」というものが多かったです。

でもいろいろな貴重なものを見れたり、「こんなところに住んでいたのかぁ」と思いを巡らすのは楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です