グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

マーケティングの本らしからぬ装丁。

仕方ない。
なぜなら装丁は祖父江慎さんなのだから。表紙白乗せのタイトル部分、箔押しの上によく乗っかったなぁ!とそんな技術にも感心してしまいます。(しかも白文字透けている!)

まだ読み始めたばかりですが、けっこうさくさく読めちゃいそうです。

greatfuldead02

こんな感じで、見た目も楽しいです。(イラストはちょっと怖めだったりしますが、見出しや、色や段使いのメリハリ加減がいいです)さすがです、祖父江さん!

greatfuldead03

 

ノンブルのこの、ちょっと弱々しい感じがたまらない〜。

著者2人がほぼ日でインタビューされているのを見て、興味を持って買ってみましたが、これを読んでいると、グレイトフル・デッドの曲やライブに興味がわいてきます。

楽しくマーケティングを学べそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です