登山列車の車内と景色

傾きがイマイチ分かりずらいですが、つり革の段差をみれば
そこそこ勾配があることがお分かりいただけるでしょう。

※手前のお姉様方は、決してけんかしているわけではありません。

ボケボケですが…。

このトンネルの壁面にはところどころ歴史的なものが展示されています。
でも速度はゆっくりと言えど、解説の文字までまでは見えません(笑)
ちょうどこんなボケた写真並みに、
あれなんだろう!?って通り過ぎちゃいます。。。

天気いい

なにはともあれ、今日天気がよくて良かった。気持ちいい青空さえ見える。

それにしても電車のグラフィティ、ベルギーって多いよね。

これからゲントに向かいます

ブリュッセルに着いた時間が13時すぎだったのでお昼でもと思いましたが、イマイチお腹空いていないので食べずに次の場所へ、というわけでコーヒーだけで乗車しました。

慌てて乗車するときに気をつけなきゃ行けないのが、行き先と降りるべき駅の正式名称。私が乗ったこの電車はたまたまどちらも同じ駅でした。その懸念はブリュッセルから北方面に行くと、この車内案内のように、オランダ語になることがあるからです。私はたまたまフランス語がなんとなくわかるので、フランス語圏はいいのですが、どちらも分からない人は推測ができません。危険です。

ゲントの国鉄の中央駅にあたる駅名がこのGent-Sint-Pietersです。(当たり前のことなんですが)目的地をしっかり確認してから乗り込むことが大事ですね。

ちなみにBestmmingはオランダ語で、英語でいうDestination(行き先)ということです。

お馬さんも

いま〜す!

の〜ど〜か〜!!

ベルギーの車窓から

DSC07027

midi駅を出てちょっと走り始めたら、
ワクワクするような青空が見えてきました。

車窓もなかなか楽しめるものです。

まだ駅に近いわけではないのに
急に速度を落とし始めたのでなんだろうと思ったら、
レールの職人さんたちが、なにやらすぐそばで作業していました。
点検なのかな?

メッヘレン駅に停まりました。
すんごく撮り鉄ってわけではないんですが、
なんかレトロ感が好きで撮ってしまう車両はあるかも。

形も配色、デザインもいかつさが残る感じがいい。
なんかよくわからないけど、たまらないです。

帰路アントワープ駅

DSC07237

もう切符買ってあるから、立ち止まるのはちょこっとだけよ。
(どうしても、ただ通り過ぎることができない…)きれいね〜。

スタバでちゃんとコーヒー買って、発車時刻の確認。

18:57のブリュッセル行き。
手元の時計は18:52、あと5分。
ここから地下2階にエレベーターで降りればいいだけ。
今日は走らずに済んだ。

旅で走らないようにするため、ゆるいスケジュールや余裕をつくるようこれから心がけよう。
私いつも欲張りで、いっぱい詰め込んじゃって、疲れてること多いんだよね。

地下2階はこんなホーム。
明かりを柱にしているのはなかなかのアイデアかも。
柱が影を作ることはよくあるから、それを逆手にとってる。

駅名の表示はこんな感じ。
やっぱり駅名は電光になっていた。

どうでもいいショットですが。。。(笑)
なんかとっても業界用語なんだろうな〜と思って。
日本のも車体の下の方に書いてあるよね。

tallサイズのコーヒーと。
この1杯がホッと一息、癒してくれます。

Bruxelles→Paris

IMG_0873

タリスに乗る時、私の悪いクセで、
ピッタシの時間(発車1〜2分前)にホームに行こうとする。
チケットをあらかじめ買ってあって、指定席だとどうやら安心してしまうようで。
今回もやってしまった。

いけない!って思った時はそのいつもの時間。
荷物も多くなってきた上に、
余裕こいてコーヒーなんか買っちゃって手が塞がっているのに
自分の乗り込む車両を確認しなきゃいけない。

小走りしなきゃならなかったので、
手に持ったコーヒーがちょっとこぼれた。
しかも運の悪いことにチケットの上にこぼす。
バーコード読み取りなので、検札の人にみせなきゃならないっつーのに…。
ああ、失態。。。

かろうじてバーコード部分はそんなに汚れず済んだけど、
またやっちゃったなぁ〜なんて、切ない気持ちになりました。
この時間のパリ行きの列車は、ほぼ満席のようでした。

どうにか片付いて、ホッとして、
ちょっと調べものをしてたら通信が不安定になった。
ん!?と思ってルーターを見るとちょうど国境付近だったようで。

(ボケてしまったけど)SFRに切り替わりました。
ああ、車内アナウンスは全然ないけど、
電波はちゃんと知らせてくれました。
フランスに入りました。

メトロ関係いろいろ

DSC07474

バスティーユ駅の地下通路。
バスティーユも3線ほど乗り入れていて、
地上駅もあったりしているせいか、迷路のようで最初は迷いました。

私が乗る1番線は地上駅。
ここはホーム扉付きですね。

途中の駅です。パリ市庁舎がある駅です。

1番線は観光客が多いんでしょうね。
主要な観光名所、凱旋門や、ラデファンスまでの
所要時間まであるなんて至れり尽くせり。

このパネルは東京にもあるけどありがたいよね。

パレロワイヤル/ルーブル美術館駅で乗り換えます。

目的地のオペラ駅に着きました。
この丸い黄緑の椅子かわいい!

RERに乗って空港へ

DSC07697

空港行きのホームは別の行き先も到着しますが、
こうして掲示板が出るので、これを見れば安心です。

混んでいたら、出入り口の椅子は使わないでという貼紙。
ちょっと腑に落ちないのが、立っている人の傾き。
なんだろう?揺れている?
普通に立っている人がいっぱいなら、いいような…。

そんな、どうでもいい疑問を解決できないまま空港に到着。

北駅〜空港はおよそ40分くらいで着きます。
白い感じのホームだったんですね。

空港の改札をでました。
ちなみに空港側からみるとこんな感じです。