BOURSE駅

DSC07436

証券取引所(BOURSE)まで来たら、
そろそろブリュッセルを離れる時間なので、南駅に向かいます。

トラムに乗るので、下ります。

BOURSE駅、やたらとでかい。
きっと平日の朝はたくさん人がいるのかもしれません。

回数券や、1日券等、切符の人は
このオレンジのタイムスタンプに入れます。
1日券ですでにスタンプされていても、入れてください。
でないとゲートが開きません。

こんな感じでガチャコン!とタイムカード方式です。
ホントは下の黒いところに日付と時間が出ますが、
私が今日1日券だったからか、壊れているのか表示されてません。

地下鉄ではなく

DSC07441

地下に潜るトラムはプレメトロといいます。
この列車は北へ向かっているので、逆方向。

待っている間に、向かいの広告を見てみる。
ふむふむ…って、遠すぎて読めません。

この駅に降りる用がないので、
この駅を通るたびに、駅の絵が気になって撮ってしまいます。
こういう駅です。

BOURSEから南駅までいつも混んでいるので座ったことないけど、
シートがメトロと違ってクッションあるんだ、と初めて知りました。

女の子の帽子、暖かそうだぁ。

 

Bruxelles Midi

DSC07459

プレメトロの南駅に着いて、
乗換えの途中にレオニダスがありました。
昔に比べ、垢抜けました。
8つで5ユーロってありがたい。立派な庶民派チョコですね。
マルコリーニだったら、倍の値段はしちゃいますからね。

そういえば国鉄の駅は4色のゴミ分別だったけど、
トラムやメトロは3種類なんだよね。
物の絵を描いてくれるのはありがたいです。

南駅構内にきました。

さて、チケットはネットで買ってあるので、ホームの確認です。

一番下のThalys、PARIS-NORD行き。6番ホームね。

手元の時計は14:18。
遅延もないようなので、荷物整理をして、コーヒーでも買ってこよっと。

Bruxelles→Paris

IMG_0873

タリスに乗る時、私の悪いクセで、
ピッタシの時間(発車1〜2分前)にホームに行こうとする。
チケットをあらかじめ買ってあって、指定席だとどうやら安心してしまうようで。
今回もやってしまった。

いけない!って思った時はそのいつもの時間。
荷物も多くなってきた上に、
余裕こいてコーヒーなんか買っちゃって手が塞がっているのに
自分の乗り込む車両を確認しなきゃいけない。

小走りしなきゃならなかったので、
手に持ったコーヒーがちょっとこぼれた。
しかも運の悪いことにチケットの上にこぼす。
バーコード読み取りなので、検札の人にみせなきゃならないっつーのに…。
ああ、失態。。。

かろうじてバーコード部分はそんなに汚れず済んだけど、
またやっちゃったなぁ〜なんて、切ない気持ちになりました。
この時間のパリ行きの列車は、ほぼ満席のようでした。

どうにか片付いて、ホッとして、
ちょっと調べものをしてたら通信が不安定になった。
ん!?と思ってルーターを見るとちょうど国境付近だったようで。

(ボケてしまったけど)SFRに切り替わりました。
ああ、車内アナウンスは全然ないけど、
電波はちゃんと知らせてくれました。
フランスに入りました。

乗換駅

IMG_0875

前回のカルネ(メトロの回数券)を持っていたので、
北駅で下りてすぐさまRERという地下鉄のB線に乗りました。
普通のメトロなら5〜6個はなれた駅も
RERなら1駅で行けます。

写真はRERの停車駅が点灯するシステム。
これ昔からあった?初めて見ました。
乗換えのA線の駅です。

最初分からなくって、このホームで待っていたのですが
さっきの掲示板を発見して後に移動しました。
ここで少し待っている間、日本は明かりが多いせいか、
暗くてちょっと怖いなと思って撮った1枚です。

Châtelet les halles(シャトレレアール)はRERの乗換えもそうですが、
メトロの主要駅でもあるので、人が多い。
さしずめ、東京で言うところの、新宿駅みたいな感じなのかな?

これ↑は何となく撮った1枚ですが
なんとなくステキに見えるのはパリマジックか…。

こういう無骨で決してきれいでないこの感じもまたパリ。

乗り換える方向が分からずしばらく迷いましたが、
ようやく理解できてエスカーに乗り、
メトロの方に乗り換えてバスティーユに向かいます。

ホテル到着

DSC07464

ホテル着いたー!

バスティーユの駅の地上出口を、よりによって一番遠いところに出た上、
広場から放射状にのびる道の、どの道も同じような大きい道路ばかりで、
行ったり来たりを2〜3回繰り返して、ようやくたどり着いた。
荷物持って迷うことの煩わしさといったら…(-_-;

着いたら、そうだった、思い出した。
1泊しかしないからってエレベーター無しだったな。
3階までめちゃくちゃ狭い階段を上ってたどり着いたこの↑景色です。

移動ってほんとうに一仕事だわ。
いかにもパリな景色だね。

顔をだして通りを眺めてみる。
なにかしらお店はたくさんあるので、
困ることは特に無さそう。
ちょっと先に10時くらいまでやっているモノプリもあるようなので便利。

バスティーユ駅付近

DSC07473

今日は土曜日。
明日の日曜日はお店やっていないところがほとんど。

この時間を使って頼まれた靴を買いに行く。
またバスティーユ駅に来た。
ここは普通に観光地化しているから、屋台とかもあるんだね。

お菓子を売る屋台。
一口お菓子がいっぱいあって、ここでもやっぱり
「2〜3日滞在してたら買えるのになぁ」とか思ってしまう。。。
会社のお土産にはちょっと頼りないからね。

あ、でもこの場所最後だから買っても良かったか。。。疲れてたのかな(笑)

メトロ関係いろいろ

DSC07474

バスティーユ駅の地下通路。
バスティーユも3線ほど乗り入れていて、
地上駅もあったりしているせいか、迷路のようで最初は迷いました。

私が乗る1番線は地上駅。
ここはホーム扉付きですね。

途中の駅です。パリ市庁舎がある駅です。

1番線は観光客が多いんでしょうね。
主要な観光名所、凱旋門や、ラデファンスまでの
所要時間まであるなんて至れり尽くせり。

このパネルは東京にもあるけどありがたいよね。

パレロワイヤル/ルーブル美術館駅で乗り換えます。

目的地のオペラ駅に着きました。
この丸い黄緑の椅子かわいい!

頼まれものを買う

DSC07496

メトロを地上に出ると目の前にオペラ座。
まぁ!人の多いこと。
今日は催し物もあるようなので、特に多くなっているようでした。

お目当てはこちら。

お店の名前見えづらくなってますが、バレエシューズで有名な「Lepetto」。
ディスプレイかわいい!

まぁ!かわいらしいこと。
ヒールありそうですが、やっぱりはき心地いいんでしょうね。

靴たっくさんあるのですが、
お客さんもたっくさんで、店員さん呼び止めるのも大変。
たまたま声かけたのが日本人の店員さんで、
細かく指定された靴のレシピを見せると、
2種類頼まれたうち、1種類しかないことが判明。

どうにかゲットできました。

さーてと、だんだん日も暮れてきたけど、
このままホテル帰るのももったいないなぁ…と思い、
とりあえず移動します。

またもメトロへ。

夜にちょっと観光

IMG_0888

まずはサンラザール駅で乗り換えて。

たどり着いた先はこんな観光地。
夜でもこんなに人がいっぱいいるこの場所は…

だだーん!とサクレクール寺院があるモンマルトル。
夜来たのは初めてですが、
ライトアップで浮かび上がる寺院は、それはそれは象徴的でした。

もう時間が時間なので、
お夕飯がてらカフェ、もしくは1杯やる方たちでテラス席までいっぱいで。

そそ。こんな感じ。夜のカフェ。
それにしても赤い光ってちょっと怪しい感じでいいね。