昔高架橋だった?

モノップを出て歩いてたら、道間違えたことに気づく。

こんな時こそ、googlemapが大活躍。
軌道修正したら、こんなステキな感じの場所に来ました。
これが目印なのもあったんだけどね。

ライトアップもきれいに、入っているお店もステキな感じです。おされです。

リヨンの街

大聖堂横の広場から街を見下ろせます。
わぁぁ…こんなに登ってきたのか〜!(^ ^;;

この日は午前中ガスがかかっていてモヤってますが、

晴れたらまさに一望できちゃいます。

大きな塔は通称「クレヨン」だそうです。たしかにそんな形です。
保険会社のビルなんですが、
その少し先が私がパリから来て降りた駅Part Dieuがあります。
屋根の色があるところを境に、はっきり分かれてますね。

左に目をやると丘陵地になっていて、そこにも古い市街が広がっています。
(のちほどそちらを散策)
赤茶色の屋根と、パステルっぽい暖色系の壁でほんとうに可愛らしい!

川沿いの家々

川沿いのお部屋はさぞかしいい眺めでしょう。対岸には大聖堂も見えますしね。

こうして家の色をまとめて見ると、やっぱり南仏に近い色合い。

再登

そう、結局また登るというかたちになりました。

みんな屋根瓦が赤茶色なのはこちらの土がこういう色ですもんね、いいテラロッサの粘土がとれるんでしょうか。

 

レンガ色独特

工事中の反対側の建物、レンガの色がまばらだったり、かなり焦げ茶色で、目地が白いもんだから独特です。

このごつい感じ好きだったりします。

レンガの街並と花

時々こうして花を窓際に生けているお家を見かける。レンガのお家にはこういう可愛らしい、きれいな花がよく似合うと思う。

でもそれにしてもここのうちは蔦でしょうか?部分的にまとまっているということは、きちんと広がりすぎないようにマメに手入れしているのかな?

朝の通り

2012.10/9、9:40のBrugstraatにてGravensteen(フランドル伯の居城)の方を見ています。

育ちの良い…

この建物、現在はレストランみたいですが、こんな感じのレリーフが通りに面するファザードに12個もある!これはそのうちの1つ。

なんかおぼっちゃま的だよね(笑)

この眺めが好き

ここは昨年泊まったB&Bのすぐ横の角の道。旅行者がフラッと入れるお店とかはないけど、建物の形と色のバランス、道の角度とかがなんかいいんです。

謎のデザイン

先ほどの角の景色の反対側に建っている、これは個人のお宅だと思うんだけど、このデザインは一体何風なのか私にも分かりません。やたらインパクトがあったので撮ってみたんですが、謎です。